スポンサーサイト

2018.03.09 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    小原大二郎ゴルフでシングルプレイヤーを目指す為のアドレス

    2018.01.22 Monday

    0
      ゴルフを本格的に続けている人であれば、小原大二郎さんのゴルフ7日間シングルプログラムで上達してスコアを上げることで、シングルプレイヤーになりたいと思う人は少なくないはずです。ゴルフでシングルプレイヤーになる為には、一連の技術のポイントを押さえて、習得することが必要であると言えます。
      今回は小原大二郎さんのアドレスのショットについて、ポイントとなる部分をご紹介していきます。

      .轡腑奪帆阿離▲疋譽垢慮きについて
      キャリアが無い方、スコアがなかなか伸びない方の傾向として、アドレスがターゲットより右方向を向いていることが多く該当します。これは、自分ではなかなか見わけがつかないポイントであるので、気付きにくいかもしれません。一度、小原大二郎さんのスイングをコーチ等に見て頂いて確認してみましょう。この時、向きが正常で無かった場合、その瞬間に修正を加えていくことが大切です。自分の意識に頼るのではなく、あくまでも他人の目を信頼して、的確な向きを体で覚えてしまって下さい。

      ⊂原大二郎ルーティーンの習得について
      ,燃悗鵑瀬轡腑奪箸鯔榿屬妊チンと出来るように、ルーティーンを取り入れましょう。このルーティーンは、ゴルフ以外の様々なプロスポーツ選手でも行っているもので、動作の刷り込みを行い本番で同じ動作をすることで練習通りの動きが出来るようにすることです。

      1、バンカー・グリーンの位置など、ホールの全体像を把握します。
      2、ショットの狙う場所を正確に決定します。弾道をイメージすることが出来れば、尚良いです。
      3、素振りを行います。この時、狙う場所とティアップのポイントが重なる部分をイメージして下さい。
      4、一度呼吸を落ち着かせましょう。
      5、クラブを右手で握り、でイメージした部分に対してクラブフェイスをボールの後ろから合わせるようにして下さい。6、クラブフェイスに合わせてスタンスを取ります。
      7、グリップを左手で握りつつ、右手を合わせます。
      8、両足のつま先を結んだ線が狙い目の場所をしっかり向いていることを確認して下さい。

      この1から8の動作を参考に小原大二郎ルーティーンを組んでみて下さい。

      注意点としては、アドレス後に違和感を持った場合、違和感が無くなるまでルーティーンをやり直して下さい。この違和感こそミスショットを引き起こす原因となるのです。

      以上が小原大二郎のアドレスに対するポイントになります。

      ルーティーンなどは、繰り返し練習しなければ、習得することは出来ませんが、上手く活用出来るようになればスキルが飛躍的に向上し、シングルの道が開けるはずです。シングルプレイヤーになる為にも、是非習得してみて下さい。

      ゴルフのシングルを目指す人のための小原大二郎流スライスボール矯正法

      ゴルフ初心者がボールを打つと右利きなら左に左利きならその逆に行ってしまうことがあります。それをいわゆるスライスと呼ばれるものなのでただ打つだけの初心者であれば問題ないのですが、これがコースに出てそしてその先にあるシングルを目指すのならこのボールは大きなハンディとなってしまうので注意が必要です。そのため小原大二郎さんのゴルフ7日間シングルプログラムシングルを目指すなら今回のテーマであるスライスボールの矯正法を学ぶ必要があります。

      まずスライスボールになってしまう理由の大半はクラブの使い方が間違っていることがあげられ、そもそもクラブというのはフェースと呼ばれる打つために適した角度というのが存在し、それに合わせてスイングをしなければ打ったボールに左回転がかかってしまいスライスになってしまうのです。その適した角度で打てない理由というのは何であるのかというと、それはクラブを持ち上げて振り落とす際にボールとクラブの軌道が外側から来てしまいインパクトする瞬間に左肩が開き左肘も後方に引けてしまうことでクラブフェースが開いた状態でボールをヒットすることが原因なのです。

      それを初心者のうちに矯正しなければ、小原大二郎の打ち方が体に馴染んでしまい矯正するのが困難になりシングルを目指すならば先に言った意図的にスライスを起こす技術と普段であればこのスライスにならないストレートにボールを打ち出す技術を体にしみこませなければならないのです。

      ではどうすればこのスライスボールをなくすことができるのかというと、まずはスライスにならない完成形である振りおろす際にクラブヘッドをアウトサイドから振り下ろさずインパクトを迎えるまで左肩を開かないスイングイメージをテレビやインターネットでも良いので実際の成功例を見て頭に植え付けておきます。

      そして小原大二郎さんのゴルフ7日間シングルプログラム練習する際には実際に球を打つのではなくシャドースイングと呼ばれる球がそこにあるイメージを持ちその球めがけてスイングをします。その際に先に言ったウトサイドから振り下ろさないように両肩ラインをスクエアに保ち車の左腕を左右に振ります。それを体に馴染ませた後にバックスイングでクラブヘッドが右腰の高さに到達した時点で、シャフトはショットラインに対して、クラブフェース面は前傾姿勢(背筋)の角度に対してスクエアになるようにする。

      そしてダウンスイングでも、クラブヘッドが右腰の高さを通過する際同じように小原大二郎のスクエアポジションをキープすることでスイング軌道に対するフェース面の開きとアウトサイドからのダウンスイングを防ぐのです。これが基本的なスライスボールの矯正の仕方なのですが、この打ち方の矯正というのは一朝一夕でできることではないことを覚えていてほしいのです。しかし本格的にゴルフを始め初心者からハンディのない小原大二郎さんのようにシングルになるのなら、小原大二郎のスライスボールの矯正は必要不可欠なので挑戦してほしいと思います。




      スポンサーサイト

      2018.03.09 Friday

      0