スポンサーサイト

2018.03.09 Friday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    小原大二郎のゴルフ スイング 基本練習 手首の動きは?

    2018.03.09 Friday

    0



      プロのスイングの連続写真を見て研究しても、ヒントを見つけられず時間を無駄にしてばかりだったとしても、
      ヴァーチャルレッスンムービーを通じて、90台が当たり前になり80以下にも視野に入るゴルフ練習法がこちら



      あなたも、下のような悩みなんてスパッと解消して、ズバッとボールを飛ばしてラウンドしたいと思いませんか?



      左に壁を作るのが大事だといわれても再現できない

      ゴルフ場に向かう時も帰る時も気が重い

      コースに出ると弱気になってしまう。

      ラウンド後は疲労困憊になる


      ゴルフはインパクトの時に左に壁を作るとか、バックスイングの頂点(トップオブスイング)では右ひじを出前の岡持ちのように垂直に立てたほうが良いと言われます。
      実際にツアープロのスイングを見てみると、そんな風になっているのを確認できるのですが、これはあくまでも結果的にそうなっているだけです。

      インパクトの瞬間に左に壁ができたように見えるのは、重心が移って左足を軸に体を支えるような姿勢になるからです。
      本当に重要なのは、壁を作ろうとするんじゃなくて、左足に軸を持ってくるようにすること。本質を見誤ってはいけません。


      ゴルフに関する通説の中には、こんな風に手段と目的がごちゃごちゃになっていることが少なくありません。表面的なことばかり取り入れてもうまくいくわけがありません。
      ゴルフの練習であなたが本当に気を付けなければいけないのは、体のどの部分をどのように動かせばよいのか?という点です。

      小原大二郎さんの7日間シングルプログラムなら、適切な動作を覚えられるのはもちろんのこと練習内容も非常にコンパクトになっています。
      7日間を1クールに同じ練習を繰り返していくとスイング全体がどんどんまとまるようになり、フォームがきれいに整っていきます。



      小原大二郎さんとはちなみに、これまでに100人単位ではなくて1000人単位の人たちへレッスンを行い、100切りくらいなら短期間のうちに実現させています。

      以前はツアープロとしても活躍していたレッスンプロ。小原大二郎さんは現在、千葉のアリスガーデンで指導を続けています。
      小原大二郎さんのレッスンを受けたいという人が連日のように押しよせていて、予約なしではなかなか対面レッスンを受けられないほどの人気ぶりです。

      小原大二郎さんの7日間シングルプログラムでは、普段のレッスンを自宅や練習場でもそのまま再現できるように編集されたDVDでこれまでに何度も改訂版がリリースされています。
      新しい意見を取り入れて常に進化を続けているのが小原大二郎さんのゴルフ7日間シングルプログラム。あなたも1日20分程度の練習をコツコツ続けていけば、自己ベスト更新がいよいよ現実味を帯びてきますよ。



      早ければ1クール(1週間)の練習をするだけで、スイングの精度が上がった時間を得られるものの、気を付けてもらいたい点が2つあります。
      1つは、できるだけ毎日続けるようにすること。日にちがあいてしまうと、その間に体が感覚を忘れてしまうため、前回の終了時点よりもマイナスの位置から練習再開することになります。

      2つ目は自分の感覚を取り入れないようにすること。できるだけ初心に帰ったつもりで、自分の今まで経験をリセットして取り組むようにしてください。
      小原大二郎さんの7日間シングルプログラムでは、一連のスイング動作が既に完成されています。DVDで解説されている以外のことを取り入れるのは、異物をわざわざ混入させることになります。

      できるだけ忠実に小原大二郎さんのDVDのノウハウを再現するようにしていけば、あなたもよりスムーズにスイングの完成度を高めることがき、ボールの芯をとらえるのが普通になりますよ。

      →打感も方向感も抜群に良くなる小原大二郎のゴルフ7日間シングルプログラムのフォローサイドの鉄則とは??



      極楽育毛革命 Mr.3日坊主
      ネイティブスピード スコットペリー


      ゴルフでシングルを目指すために必要なアプローチショット

      2018.03.09 Friday

      0



        ゴルフでシングルプレイヤーになるための考え方

        2018.01.22 Monday

        0
          ゴルフでシングルプレイヤー小原大二郎になるためには、技術や体力の向上が必要であることはいうまでもありません。目標や目的を持って一つ一つのショットを練習する努力は必須です。しかし、技術や体力の向上だけではシングルプレイヤー小原大二郎になることはできません。

          そこにはやはり精神力が必要です。そのためのゴルフに対する考え方は様々ですが、安定したスコアを出すためには精神的に安定していることが大切です。
          つまり、練習してきたことをラウンドで結果としていかに出せるかは、精神力によるところが大きいのです。

          では、どのようにすれば精神的に安定するかというと、適度の緊張しながらも心に余裕を持つことです。当面の目標がシングルプレイヤーになるということは、プロになるわけではないので常時アンダーパーで回る必要はなく、逆に言えば10オーバー程度までならOKだということです。

          つまり、1ラウンドで半分のホールでボギーを打ってもあとがすべてパーならばシングルとなるわけです。そう考えるとずいぶん気が楽になるのではないでしょうか。小原大二郎の考え方をすることで、自分でリラックスした状態をつくることはとても有効なはずです。

          例えば、ロングホールでティーショットを林に打ち込んでしまったとします。そこで、無理にリカバリーをしようとするとそのホールはボギーでは上がれなくなる可能性が高くなります。こういった時に、このホールはボギーでOKと思うことで、次の小原大二郎のショットがずいぶん楽になるはずです。

          そうすることで、リラックスして打った次のショットが思いのほかうまくいって、パーで切り抜けられるかもしれません。本当に、出すのさえ難しいのなら、アンプレアブルで出してしまった方が次のショットは楽に打てるはずですし、その際にも、決してパーを取りに行くのではなくボギーを取りに行く小原大二郎の気持ちでショットをするのです。

          また、広いグリーンの端に乗ったけどカップまで距離がある場合や、下りの早いラインに着けてしまった時などは、確実に2パットで沈めるためのファーストパットに徹するということも大切です。とにかく常に冷静に現状を把握して、攻めに行くところと守りに入るところをしっかりと見極めることが、シングルプレイヤーになるためには必要なことです。ゴルフは頭のスポーツでもあります。小原大二郎の技術体力だけでなく考えを磨くこと、コースマネージメントをしっかりすること、そして精神力を鍛えることがとても大切なのです。


          グリップの持ち方でシングルプレーヤーになれる小原大二郎の練習

          ゴルフでシングルプレイヤーを目指し、そのために様々な角度で小原大二郎のレッスンを行うと、シングルプレイに向けて上達へと近づきます。あらゆる方法の中にはゴルフのスイングの上達が考えられます。スイングを上達させるためにはグリップの握り方が影響してきます。
          まず右手でグリップを持った時の場合、両手が平行になるように握ることが大切になってきます。自分自身でグリップの握り方をチェックしてみましょう。

          両手を平行にするというのも感覚ではなかなか分かりづらいものですが、まずは両手でグリップを握った時に手はじゃんけんのパーの状態にして開いてみます。ゴルフクラブは地面に落ちている段階で、両手の甲の位置をチェックし角度を変えないで指を開いた時に、右手の甲が左手にかぶさっていたら、左手のグリップが正しく握れていても右手が邪魔をしてゴルフスイングのトップの時にクラブシャフトがターゲットに対して右に曲がりやすくなります。

          小原大二郎の場合でしたら、右手を開いた場合上を向いていたら、ターゲットに対して大きく左を差すことになります。このことからグリップを持つ時の両手は平行に握ることが基本となります。大抵のゴルファーは左手のグリップに集中して右手の方が正しく握れていないケースが多いようです。右手を正しく握ることでスイングの軌道が変わってきます。

          腕を伸ばすという意識があると腕が硬直してしまいますので、伸ばそうとせずにクラブを握った時にヘッドをボールの後ろに置いた時に腕は自然に伸びており、この自然な腕の伸びにまかせて軽い気持ちでクラブを振ると、ボールはまっすぐに飛んでいくのです。

          小原大二郎のターゲットに対して、ボールがまっすぐに飛んでいくスイングになれば、プレーヤー自身が狙いを定めやすくなり、コースへの打数も無駄がなくなってくるでしょう。そこからコースでプレイしていくうちにプレイの感覚がつかめるようになってきます。こうなるとシングルプレイに向けてスコアの予測もつかめるようになってくるのではないでしょうか。

          小原大二郎と基本的なことから見直すことでもプレイに出る影響は違ってきます。基本を習得しプレーヤー自身が思う存分のプレイが出来るようになると、そこから目標はさらに高く設定することが出来ます。シングルプレイと言ってもさらなる目標に向けてレッスンを積み重ねることで、より高い目標に向かったプレイが出来るようになるでしょう。より打数を縮めるプレイが出来ることがシングル小原大二郎に向けての理想です。



          小原大二郎ゴルフでシングルプレイヤーを目指す為のアドレス

          2018.01.22 Monday

          0
            ゴルフを本格的に続けている人であれば、小原大二郎さんのゴルフ7日間シングルプログラムで上達してスコアを上げることで、シングルプレイヤーになりたいと思う人は少なくないはずです。ゴルフでシングルプレイヤーになる為には、一連の技術のポイントを押さえて、習得することが必要であると言えます。
            今回は小原大二郎さんのアドレスのショットについて、ポイントとなる部分をご紹介していきます。

            .轡腑奪帆阿離▲疋譽垢慮きについて
            キャリアが無い方、スコアがなかなか伸びない方の傾向として、アドレスがターゲットより右方向を向いていることが多く該当します。これは、自分ではなかなか見わけがつかないポイントであるので、気付きにくいかもしれません。一度、小原大二郎さんのスイングをコーチ等に見て頂いて確認してみましょう。この時、向きが正常で無かった場合、その瞬間に修正を加えていくことが大切です。自分の意識に頼るのではなく、あくまでも他人の目を信頼して、的確な向きを体で覚えてしまって下さい。

            ⊂原大二郎ルーティーンの習得について
            ,燃悗鵑瀬轡腑奪箸鯔榿屬妊チンと出来るように、ルーティーンを取り入れましょう。このルーティーンは、ゴルフ以外の様々なプロスポーツ選手でも行っているもので、動作の刷り込みを行い本番で同じ動作をすることで練習通りの動きが出来るようにすることです。

            1、バンカー・グリーンの位置など、ホールの全体像を把握します。
            2、ショットの狙う場所を正確に決定します。弾道をイメージすることが出来れば、尚良いです。
            3、素振りを行います。この時、狙う場所とティアップのポイントが重なる部分をイメージして下さい。
            4、一度呼吸を落ち着かせましょう。
            5、クラブを右手で握り、でイメージした部分に対してクラブフェイスをボールの後ろから合わせるようにして下さい。6、クラブフェイスに合わせてスタンスを取ります。
            7、グリップを左手で握りつつ、右手を合わせます。
            8、両足のつま先を結んだ線が狙い目の場所をしっかり向いていることを確認して下さい。

            この1から8の動作を参考に小原大二郎ルーティーンを組んでみて下さい。

            注意点としては、アドレス後に違和感を持った場合、違和感が無くなるまでルーティーンをやり直して下さい。この違和感こそミスショットを引き起こす原因となるのです。

            以上が小原大二郎のアドレスに対するポイントになります。

            ルーティーンなどは、繰り返し練習しなければ、習得することは出来ませんが、上手く活用出来るようになればスキルが飛躍的に向上し、シングルの道が開けるはずです。シングルプレイヤーになる為にも、是非習得してみて下さい。

            ゴルフのシングルを目指す人のための小原大二郎流スライスボール矯正法

            ゴルフ初心者がボールを打つと右利きなら左に左利きならその逆に行ってしまうことがあります。それをいわゆるスライスと呼ばれるものなのでただ打つだけの初心者であれば問題ないのですが、これがコースに出てそしてその先にあるシングルを目指すのならこのボールは大きなハンディとなってしまうので注意が必要です。そのため小原大二郎さんのゴルフ7日間シングルプログラムシングルを目指すなら今回のテーマであるスライスボールの矯正法を学ぶ必要があります。

            まずスライスボールになってしまう理由の大半はクラブの使い方が間違っていることがあげられ、そもそもクラブというのはフェースと呼ばれる打つために適した角度というのが存在し、それに合わせてスイングをしなければ打ったボールに左回転がかかってしまいスライスになってしまうのです。その適した角度で打てない理由というのは何であるのかというと、それはクラブを持ち上げて振り落とす際にボールとクラブの軌道が外側から来てしまいインパクトする瞬間に左肩が開き左肘も後方に引けてしまうことでクラブフェースが開いた状態でボールをヒットすることが原因なのです。

            それを初心者のうちに矯正しなければ、小原大二郎の打ち方が体に馴染んでしまい矯正するのが困難になりシングルを目指すならば先に言った意図的にスライスを起こす技術と普段であればこのスライスにならないストレートにボールを打ち出す技術を体にしみこませなければならないのです。

            ではどうすればこのスライスボールをなくすことができるのかというと、まずはスライスにならない完成形である振りおろす際にクラブヘッドをアウトサイドから振り下ろさずインパクトを迎えるまで左肩を開かないスイングイメージをテレビやインターネットでも良いので実際の成功例を見て頭に植え付けておきます。

            そして小原大二郎さんのゴルフ7日間シングルプログラム練習する際には実際に球を打つのではなくシャドースイングと呼ばれる球がそこにあるイメージを持ちその球めがけてスイングをします。その際に先に言ったウトサイドから振り下ろさないように両肩ラインをスクエアに保ち車の左腕を左右に振ります。それを体に馴染ませた後にバックスイングでクラブヘッドが右腰の高さに到達した時点で、シャフトはショットラインに対して、クラブフェース面は前傾姿勢(背筋)の角度に対してスクエアになるようにする。

            そしてダウンスイングでも、クラブヘッドが右腰の高さを通過する際同じように小原大二郎のスクエアポジションをキープすることでスイング軌道に対するフェース面の開きとアウトサイドからのダウンスイングを防ぐのです。これが基本的なスライスボールの矯正の仕方なのですが、この打ち方の矯正というのは一朝一夕でできることではないことを覚えていてほしいのです。しかし本格的にゴルフを始め初心者からハンディのない小原大二郎さんのようにシングルになるのなら、小原大二郎のスライスボールの矯正は必要不可欠なので挑戦してほしいと思います。




            1